対人恐怖症とは何か

イメージ画像 最近、日本に急激に増えている精神疾病の一つに「対人恐怖症」があります。

これは、たくさんある恐怖症の一つで、人間、他人に対して恐怖心を抱いてしまうという疾患。

恐怖症にはいろいろあって、高い所が怖い高所恐怖症、狭い所がダメな閉所恐怖症などはよく知られている疾患です。
そう考えると、誰でも何かしらの恐怖症を持っているのかも知れませんね。

対人恐怖症は、他人と接する事で強いストレスを感じたり緊張したりする症状で、 他人が自分の事をどう思っているのか不安になったり、自分に自信がなかったりするとこの疾患にかかりやすいと言われています。

この恐怖症は、自分で精神疾患を患っていると自覚しているレベルのものもあれば、全く自覚していない場合も多く、 治そうと思ったらある程度は治療する事も可能なのだそうです。

軽い程度のものから重いものまである

軽度の対人恐怖症は、大勢の前で発言すると赤面してしまったり、視線が泳いでしまったり、 体が震えてしまったり、汗をかいてしまう、などいろいろな症状が起こります。

たいていの場合には「それは誰にでもある事」として乗り越える事ができますが、 重度の症状の場合には、緊張や不安のために筋肉が硬直してしまったり、意識が朦朧としてしまい、 こなさなければいけない業務もこなす事ができないケースもあるようです。

自分はこうあるべきだ、と自分に対して高い理想を持っている人は、 対人恐怖症にならないように気をつけたほうがよいと言われています。

これは、現実と理想とのギャップがこの恐怖症を引き起こす原因になる事も多いですし、 自分が他人にどう映っているのか気になる事によって恐怖症が引き起こされる事も多いからなのだそうです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像