対人恐怖症の症状とは

イメージ画像 対人恐怖症の症状は、風邪の症状などとは違い、リラックスしている時には症状は全く出ません。

しかし、他人の前に出た時や、これから他人の前でスピーチをしなければいけない時など、 誰でも緊張しそうな場面に直面すると、とたんに症状が現れるのが特徴です。

対人恐怖症の症状にはいろいろなものがあります。

  • 呼吸が苦しくなる
  • 手足が震える
  • 汗が大量に出てくる
  • 顔が引きつってしまう

など、目に見える症状が起きる事もありますし、

  • 他人の視線がとても気になる
  • 他人にとって自分の発言や視線が歓迎されていないのではと不安になる
  • 言いたい事がハッキリ言えない

など、精神的な不安が大きくなってしまう症状などもあります。

外出ができなくなることも

症状が軽いうちなら、何度も経験していくうちに心身ともに慣れて行くので克服する事もできますが、 症状がどんどんひどくなってしまうと、会社や学校に行けなくなってしまったり、 ついには外出する事さえままならない状態になってしまう事もあるようです。

社会生活や普段の生活にも大きなダメージを与えてしまう対人恐怖症。 早期発見、早期治療を行う事で改善する事もできますし、自分に対して自信を持つ事で乗り越える事もできます。

人それぞれに症状の種類もレベルも異なりますし、克服法も異なるのがこの恐怖症の特徴なのですが、 早いうちに克服する事はその後の人生にとっても大きなプラスになる事は間違いないと思います。 恥ずかしがらずに専門家に相談して見るのも悪くないですね。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像