恐怖症の種類

男性・女性恐怖症・・・男性恐怖症や女性恐怖症は、過去の自分の経験がトラウマになって引き起こされることがあります。異性と接することが難しくなってしまうので、恋愛にも苦労してしまいます。

子供恐怖症・・・子供をひどく嫌悪してしまうのが子供恐怖症です。子供恐怖症を患うと、円満な家庭を築くことが難しくなってしまいます。子供に慣れて、ふれあう時間をとっていくことで克服できる場合があります。

高所恐怖症・・・高い場所が苦手という人も多いと思いますが、ここでいう高所恐怖症とは、安全な場所にいても不安や恐怖心などで、体がすくんだり、めまいが起こるなどの症状をいいます。重症化すると、日常生活にも支障をきたす場合があります。

閉所恐怖症・・・満員電車、飛行機、車の中、エレベーターの中などの狭い空間に恐怖を感じるようになるのが閉所恐怖症です。動悸やめまい、息切れなどの症状があらわれてきます。

暗所恐怖症・・・暗い場所に身をおくと、めまいや息切れ、吐き気などの症状が現れるのが暗所恐怖症です。単に「暗闇が苦手」というものとは違うレベルなので注意しましょう。

飛行機恐怖症・・・飛行機での移動を極端に恐れるのが飛行機恐怖症です。過去に事故を目の当たりにしたり、嫌な体験がトラウマとなって起こります。 日常生活には困りませんが、ビジネスマンなどは克服したいものです。

会食恐怖症・・・人といっしょに食事がとれなくなるのが会食恐怖症です。学校や職場などでコミュニケーションを取りづらくなるのが問題となります。 気持ちの問題なので、気楽に構えることも対策の一つです。

嘔吐恐怖症・・・「嘔吐」に関して一般的な人より強烈な恐怖心をもってしまうのが嘔吐恐怖症です。 症状が悪化すると、人前で食事ができなくなる場合もあります。カウンセリングなどで治療を行うことが必要です。

視線恐怖症・・・他人の視線に対して、一般の人よりも異常な恐怖を感じてしまうのが視線恐怖症です。 多くの場合、自分自身に自信がないことが原因となります。人前で話す機会を多くつくれば改善することが可能です。

体臭恐怖症・・・過去に他人から「臭い」と言われた経験があるなど、体臭についてトラウマを抱えている人がなりやすいのが体臭恐怖症です。 口臭やワキガを治療したり、香水をつけるなどして対処することができます。重症の場合は、カウンセリングを受ける方法もあります。

電話恐怖症・・・電話恐怖症にかかると、電話にでるのが怖くなったり、頭痛や吐き気、多汗などの症状が現れるようになります。 仕事に大きな支障が出る前に、心療内科に相談してみることをおすすめします。

サークル恐怖症・・・クラブ活動やサークルの集まりで緊張が高まったり、疎外感を感じるのがサークル恐怖症です。 はじめての自己紹介などで、ひどく緊張したり落ち込んでしまう人が多いようです。

先端恐怖症・・・先のとがっているものに対して、異常な恐怖心をもってしまうのが先端恐怖症です。 重症化すると、日常生活を送ることが困難になりますので、カウンセリングを受けましょう。

帰宅恐怖症・・・家庭がうまくいってない会社員の人は、帰宅恐怖症になる場合も少なくありません。 家族の理解があれば、重症化する前に治すことができるようです。

水恐怖症・・・プールや海などの水の中に入ることが怖くなるのが水恐怖症です。 水にまつわる恐怖体験がトラウマ・原因になっていることが多いようです。

音恐怖症・・・ある特定の音に対して、息切れや動悸などの症状をあらわすのが音恐怖症です。 過去に経験したトラウマが原因となっているケースが多いようです

血液恐怖症・・・ある特定の音に対して、息切れや動悸などの症状をあらわすのが音恐怖症です。 過去に経験したトラウマが原因となっているケースが多いようです

このページの先頭へ


イメージ画像