子供恐怖症とは

イメージ画像 実際に自分が子供を持つまでは自覚症状さえない事も多いのが子供恐怖症です。

子供恐怖症は、ペド(子供)とフォビア(嫌悪)を合わせて「ペドフォビア」と呼ばれている精神疾患です。

子供恐怖症は子供に対して恐怖心を抱いてしまう疾患ですが、 自分よりも小さくて弱い立場にある子供に対しての恐怖心は、嫌悪感や虐待など、 別の行動となって表われる事も多いので注意しなければいけません。

子供恐怖症は、自分自身が子供の頃に経験したトラウマ的な事が原因になる事が多く、 両親や兄弟など家庭内環境での意地悪や虐待などが原因になる事が多いようです。

この精神疾患を持っている人が自分の子供を持っても、自分の子供だから可愛い、 という気持ちになる事は少ないのだそうです。

逆に、子供と関わる事を嫌がったり避けたり、不快に感じたり怒りを覚えたりする事もあるようです。

自分が親の立場でこういった家庭を築いてしまうと百害あって一利ナシ。最悪の結果を招きかねません。

子供とふれあう時間をとって克服できる場合も

もし自分自身で「もしかたら自分は子供恐怖症なのでは?」と思い当たる場合には、 すぐに受診をして専門家に相談してみましょう。

自分自身で子供と向き合う事が難しくても、周囲の理解と協力によって恐怖症を治療することもできますし、 最悪の場合には手放すと言う選択肢もあります。

しかし、多くの場合には配偶者や家族の協力を得ながら、少しずつ時間をかけて子供とふれあい、 慣れていくことによって恐怖症を克服できる事が多いようです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像