飛行機恐怖症とは

飛行機 最近では小さな子供でも旅なれている子が多いですし、 趣味は旅行と言って飛行機に乗る頻度が多い人も増えているので、飛行機恐怖症にかかる人も少なくなりました。

しかし、ちょっとした事がキッカケで飛行機恐怖症を引き起こしてしまう事もあるので気をつけなければいけません。

飛行機恐怖症は、飛行機という狭い空間の中に閉じ込められているという閉所恐怖症と連鎖して起こる事もありますし、 飛行機に乗っている時にエアポケットで激しい揺れを経験したりした事がトラウマになって起きる事もあります。

また、飛行機事故を目の前で見てしまったり、知り合いが飛行機事故に巻き込まれてしまうなど、 第三者からの情報によって恐怖症が始まる事もあるようです。

仕事での移動で大きな支障が出る

飛行機恐怖症にかかってしまうと、飛行機での移動ができなくなってしまうため、 生活やビジネスの活動範囲が狭くなってしまいます。

飛行機に乗らなくても日常生活を送るには支障はありませんが、 長距離の移動や海外への移動で不便を感じるビジネスマンなども多いので、 ニーズに合わせて克服できるように努力する事が必要です。

飛行機恐怖症を克服するには、カウンセリングなどの心理療法を利用するだけでなく、 飛行機に乗っている間はずっと眠ってしまう睡眠薬を用いる治療方法も有効なようです。

精神状態に関係なく眠る事ができる睡眠薬を使えば、どんな長距離の移動でも不安を感じる時間はほんの数分。 不安を最小限に抑える事によって精神的なストレスも減らす事ができます。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像