会食恐怖症とは

食事を取れない男性 会食恐怖症とは、自分が食事をしている姿をみられる事に対して恐怖心をもってしまい、 食事をする事が出来なくなってしまう恐怖症の一種です。

会食と言うと「外食」をイメージしがちですが、外食だけにとどまらないのが特徴です。

食べる場所はレストランなどの外食はもちろん、友人宅で食事する事も難しかったり、 来客がある場合には自宅ででも食事ができなくなってしまうことがあるようです。

食べ方があまりきれいではないし・・」 と人前での食事に気持ちが進まないのは会食恐怖症ではありません。

この恐怖症にかかると、自分が食事している姿を見られるという環境に身をおく事だけでパニックを起こしてしまったり、 吐き気がしてしまったり、体が拒絶反応を起こしてしまう、などの症状が現れます。

他人と一緒に食事が出来ないと、学校や職場などでの付き合いにも制限されてきてしまいますから、 社交にも消極的になりがちです。

無理をしないで気楽に構えてみよう

会食恐怖症は気持ちの問題なので、友人達と外食に出かけても、 無理に食べようとはせずに会話を楽しむつもりで参加するのも解決策の一つです。

特に、会社の付き合いなどでは、食べ物に口をつけないビジネスマンも少なくありません。

食事をしなければ、他人が食事をする席に同席するのは問題ないという会食恐怖症の人も多いので、 自分の中で妥協できる点を見つけるのも大切ですね。

また、どうしても何か食べたほうがいいな、という雰囲気の場合には、 ドリンク系やスープなど、量が少なくて残しても問題なさそうなアイテムを選ぶのも策です。

定食ものなどにいきなり挑戦するのはやめたほうがいいでしょう。 食べ切れなくなった、吐き気をもよおすようになった、などの体験をしてしまうと、ますます悪化してしまう可能性があります。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像