血液恐怖症とは

血液 人間の血液を見て「楽しい」などと感じる人は少ないと思います。

しかし、テレビで血が流れる映像を見ただけでも激しい息切れや動悸、めまいや吐き気、冷や汗などに襲われるような場合には、 血液恐怖症と言っても過言ではありません。

血液恐怖症は、血液を見る事によって、「恐怖に感じる」という精神的な症状よりも、吐き気や動機など、身体的な症状が強く表われる事が多いようです。

原因はいろいろありますが、過去に「血」に関係するイヤな経験をした事が原因となる事が多いと言われています。

たとえば、子供の頃に怪我をして、血が大量に出たのが忘れられなかったり、目の前で血を流している人がいたのに助ける事が出来なかったり、 人によって経験した内容は異なります。

いずれにせよ、長い人生を生きていく上では克服したほうがよい恐怖症と言えるでしょう。

意識して場慣れするように心がける

血液恐怖症を克服する方法は、恐怖症の症状がそれほどひどくない場合には、 テレビなどで血が出てくる場面が出ても目をそらしたりせずに意識して慣れるようにしたりして、場馴れする事が効果的です。

医学生なども、最初は大量の血を目の当たりにして体調が悪くなってしまったり気を失ってしまう人もいるようですが、 何度も経験していくうちに心身ともに慣れていきます。

ただ、この「慣れる」という行為は、自分自身で克服しようという意志を持って行なわなければいけません。

他人が無理強いしたりすると、恐怖症の症状がかえって悪化してしまうので注意しましょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像