音恐怖症とは

騒音 音恐怖症とは、音に対して恐怖心を持ってしまう恐怖症ですが、どんな音に対して恐怖に感じてしまうのかは人によって異なるのが特徴です。

花火の音や雷の音など、大きな音が苦手という人は多いものです。

しかし音恐怖症の場合には、玄関のインターホンや会話の声など、 それほど恐怖心を持つようなタイプの音ではないものに対しても強く反応してしまうのが特徴です。

心臓がドキドキして息切れしてしまったり、冷や汗をかいたり、 ひどい場合には意識が朦朧としたり、緊張してどうして良いのか分からなくなってしまうこともあるようです。

根底にあるトラウマを克服する

音恐怖症が起きる原因は、小さな子供の頃に経験した「音」が潜在意識の中に残り、それが恐怖症として表れている事が多いです。

例えば、小さいころに犬に噛まれた経験がある人なら、犬の吠える声を聞いただけで筋肉が硬直してしまう事もあるかもしれません。

また、ストーカーの被害にあった経験がある人なら、人の足音や物音を聞いただけで背筋がぞっと凍りついて動機がしてしまうのも無理はありません。

音は潜在意識と強く結びついているため、特定の音に対する恐怖心を取り除くためには、 その恐怖心の根底にあるトラウマ的な経験を克服しなければいけません。

思い出したくない経験、考えるだけでもイヤな経験でも、音恐怖症を克服するためには、心療内科などでカウンセリングを受けながら、 トラウマを乗り越える治療法が必要になります。

救急車の音に恐怖を感じてしまう場合には、 友人や家族など自分にとって大切な人になにかあったのではないかと心配するあまりに恐怖症となってしまうこともあるようです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像