先端恐怖症とは

注射器 先端恐怖症とは、カッターや包丁、ハサミ、注射器など、 先がとがっていたりして触れると怪我をしてしまう可能性があるものに対して、恐怖心を持ってしまう精神疾患です。

誰でも「包丁を触ったら痛い」という事は分かっているので、先がとがっている物を見て
「怖くない」と感じる人は少ないと思います。

しかし、動機やめまいやしたり、胃がきりきりと痛くなったりするほどまでに怖いと感じるのは、 先端恐怖症の症状と見て間違いないでしょう。
また、症状がひどい場合にはパニックになってしまうこともあるようです。

この恐怖症は高所恐怖症のように、「もしかしたら先端が自分に当たって怪我をするかもしれない」 という強迫観念によって症状が引き起こされます。

最初は「先端がとがったもの」や「シャープなもの」に対して恐怖心をもっていても、 症状が悪化すると、「丸いテーブルの角が怖い」など、日常生活に支障をきたすレベルになってしまう事もあるので、 できるだけ早期に治療する事が必要です。

症状が進行する前に対策を

また、先端恐怖症が進行すると、身の回りの全てのものに対して恐怖を感じるようになってしまい、 それがうつ病などの精神疾患に発展する可能性もあるようです。

ひどくなってしまうと治療にも時間がかかってしまうので、もし自分が先端恐怖症かもしれないと感じたら、 その時点ですぐに受診するようにしましょう。

先端恐怖症の治療は心療内科でカウンセリングなどを行うのが一般的です。
日常生活に支障をきたしてしまうほどになった場合には、抗不安剤などを服用しながら不安な気持ちを取り除く治療も行うようです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像