体臭恐怖症とは

自己体臭恐怖 体臭恐怖症とは、他人のにおいに対して恐怖心を持ってしまうのではなく、 自分自身のニオイを他人はどう感じているのかと恐怖に感じてしまう恐怖症の一種です。

体臭は誰にでもありますが、オナラや汗のにおい、
口臭などが他人に不快感を与えているかもしれない、 と他人の事を気にするようになります。

やがて外出するのがイヤになってしまったりして、対人恐怖症へと発展する事もあるので注意が必要です。

体臭恐怖症は、他人がいない自宅では恐怖症の症状が出ませんし、 他人との距離がある場合にも症状が出る事は少ないようです。

しかし、通勤時の電車の中など、人ごみの中では他人との距離がとても縮まってしまうため、 自分のにおいや他人のにおいに対して敏感になってしまい、それが体臭恐怖症になってしまうことも多くあります。

「臭い」と言われた経験が原因に?

体臭恐怖症は、以前に他人から「臭い」と言われた経験があるなど、 昔の経験がトラウマになって始まる事が多いと言われています。

実際にはほとんど体臭がない場合でも、自分自身では「自分の臭いは強烈に臭い」と思い込んでしまい、 混んでいる電車に乗れなくなってしまったり、汗をかく時期にはめまいがして外出できなくなったり、日常生活に支障をきたすケースもあるようです。

症状が軽い場合には、口臭やワキガなどの治療や予防策を講じて、 自分に自信を持って外出するような習慣をつける事で症状を軽減する事も可能です。

しかし症状が重度の場合には、心理療法などでカウンセリングを受けて治療をする事が出来ます。

スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像